ななつじやのAKB48ファン活動ブログ

AKB48ファン初心者の活動記録です(2024年3月ブログ開設)

2024年2月下旬 柱の会(AKB48 Official Fan Club)に入会

1月下旬に初めてAKB48劇場に行ってから、僕のAKB48熱は上昇の一途で、3回目の劇場公演に行けるように、せっせとチケットを申し込んだ。
しかし当選しない。
いや、正確にいうと1度、キャンセル待ち当選というのがあり、キャンセル待ち番号は80番台後半だった。

AKB48劇場のチケット申し込みでは、キャンセル待ちという制度があり、チケットを申し込む際にキャンセル待ちを希望するかしないかを選択する。
キャンセル待ちを希望した場合、チケットに落選した際に、キャンセル待ち当選となる場合がある。
AKB48グループチケットセンターのHPの記載によれば、劇場の定員は250名でキャンセル待ち当選は1~100番まで発行されるとのことである。

キャンセル待ちの人が入場できるパターンには、以下の3つがあると認識している。

・開演30分前までの当選者の正式なキャンセル発生により繰り上がる
⇒ 繰上当選(元々の当選者と同様、開演30分前までのチケット購入となり、入場時のビンゴ抽選に参加できる)

・開演30分前の当選者へのチケット販売終了までに、当選者が何らかの理由によりチケットを購入しなかった分がキャンセル待ちに回ってくる
⇒ 対内(入場時のビンゴ抽選に参加できる)

・劇場内にスペースの余裕があった場合に、立ち見ではあるが、劇場に入場できる
⇒ 対外(入場時のビンゴ抽選には参加できない)

キャンセル待ちの何番までが当日入場できるかは、当然公演ごとに異なるのだが、過去の公演で、繰上当選(事前)/体内/対外が何名程度だったのかを記録してくれているサイトがある。
どこの誰かは知らないがありがたい。
初めてこのサイトを見たとき、意外とキャンセルが結構あるんだな、と感じた。
僕の場合だと、チケットはなかなか当選しないので、もし当選した場合には、間違いなく仕事よりもAKB48劇場を優先し、身内の不幸があったり、自分が怪我・病気にでもならない限りはキャンセルしないと思う。
でも、これは僕が平凡なサラリーマンだからできることであって、当選者の職業や立場によってはキャンセルせざるを得ないこともあるのだろう。
このサイトを見ると、キャンセル待ち番号80番台後半というのは、非常に劇場に入れる可能性が低い、ということがわかる。

初めてキャンセル待ち当選したので、キャンセル待ち番号について調べてみると、キャンセル待ち当選が1~100番まで発行されるというのは事実だが、柱の会AKB48グループ映像倉庫会員は1~50番、一般は51~100番、という割り当てとなっているようである。
つまり、一般で申し込んでキャンセル待ち当選してもキャンセル待ち番号は必ず51番以降であり、劇場に入場できる可能性はかなり低い、ということだ。
がーん。

柱の会は、会費有料ということで、今までチェックしていなかったが、劇場チケット当選確率アップの手段になることがわかり、調べてみる。
会費は330円/月であり、1年間では3960円である。
よし、入ろう。
・・・即決である。
こうして、ここに新たに柱の会会員が1名誕生した。
ーーーーーー
なんか公演のキャンセル待ちのことばかり書いてきてしまったので、柱の会について、以下に記載しておこうと思う。
柱の会AKB48 Official Fan CLUB
・会費は月額330円(税込)
・毎月、有料コンテンツ購入に使えるポイントが300pt付与される。このポイントは追加購入することが可能。
・入会すると、柱の会会員枠でチケット応募できるようになる。(入会後に「柱の会」会員メニュー内の「チケット先行会員権利登録」から手続きする必要有り)
・AKBくじをひける(pt使用)
・応援広告使用可能宣材をダウンロードできる(pt使用)
・待ち受け画像をダウンロードできる(pt使用)
・会員限定のインタビュー記事を読める(pt不要)
・誕生日にメールが来るらしい[プレミアム通信](pt不要)
・6カ月継続毎に500ptもらえる
・1年以上継続すると、抽選で毎月10名にAKB48劇場 指定公演当選予約権利が当たる
・何名くらい会員がいるかは不明。

・・・それほど月々の会費が高くないし、もっと早く入会しておけばよかった。